2006年04月29日

立ち寄り・不帰社は魅惑の香り

今日は金曜、んで、立ち寄り不帰社。こりゃたまらん。
早よ用事終わらせて、買い物なぞしようと思った。

今回の物欲の獲物は、先日購入したウォークマン用のイヤホン。
購入した機器に同梱されていたイヤホンは、いわゆるウォークマンでお馴染みの
イヤホンで、襟にひっかかるわ、絡まるわであまり使い勝手が良くない。
さきこのiPODのイヤホンは、首にかける形で、なかなかスマート。
コレだ、コレが欲しい。

日吉で18時過ぎに仕事を終えて、東横線で横浜へ向かう。
いや、東横線も変わったわ。以前は駅ビルの中にあったのが懐かしいね。

お目当てのウォークマン用のイヤホンを探して、
これに決めちゃおうかとレジに行きかけた時、
そう言えば流行の「ノイズキャンセリングヘッドホン」とやらを見てみることにした。

ノイズキャンセリングのヘッドホンは、ヘッドホンに内臓されたマイクが
周囲の雑音を拾って、その雑音とは逆の波長の音を流すというもの。
ニンゲンの耳には、周囲の雑音とその雑音の逆の波長が入ってくるわけで、
それらは互いに打ち消し合い、音楽がよく聞こえるというわけ。
だから、小さな音量で音楽を流しても、雑音に邪魔されずに聞けると。
なんか理屈は分かるけど、感覚的には「ホンマかいな」だった。
以前、量販店で展示してある機器を耳にあてがったけど、
なんか効果的に感じられなかった。

でも、もし、周囲の雑音を聞こえなくする効果があるのだとすれば、
弱音の音楽も聴けるわけで、騒音のうるさい電車で聞ける音楽の
幅が広がるわけよね。

イヤホンを買っても、コードが絡まらないってだけで、
耳から入る音楽の質は変わらない。
でも、ノイズキャンセリング機能があれば、そもそも聴く音楽自体が
変わるわけよ。とりあえず、どんなもんか今一度体験する必要がある。

んで、ノイズキャンセリングヘッドホンのコーナーで
展示してある機器をあれこれ試してみたのでした。
3点ほど展示してあって、ひとつひとつ耳にあてがっては、
音楽を聴いてみたり、ただノイズキャンセリング機能だけを試し、と
多分1時間くらいはいたかな。
その姿は、周囲に「変なサラリーマン」と映っていただろう。
でも、そんな周囲の奇異な目もキャンセリングする勢いで、
いろいろ試してみた。
※この間、ヨドバシカメラの店員は、一切話しかけてこなかった。
ヘッドホン売り場で、一人の変なサラリーマンが、
ひとつの商品を購入するかしないか迷い、検討し、そして
徐々に購入意思を固めつつあるというのに。
コレは、アレだ、店員も充分理解してないんだろうな。

しゅんすけの感覚では、ノイズキャンセリングの効果はイマイチ分からなかった。
確かに、周囲の音が聞こえなくなるような気もするけど、
全くの無音状態になるわけじゃないし、この程度なら、
ウォークマンの音量を上げるのと大差ないように感じる。
でも・・・。結論、買う。
このヘッドホン、買う。
効果は分からないけど、金額にして6000円弱。
イヤホンの値段との差額2000円分は、
ニンゲンの感覚に立ち向かう理論の勇敢さへの敬意だ。

だってさ、理屈では分かるよ、逆位相の波動は打ち消しあうって。
海の波だって、全く同じ強さの逆位相のうねりが重なれば、波は消えちゃうもんな。
(同じ位相で重なるとその強さを増幅することになる)
けど、それは、しゅんすけの中では、本で読んだお話し。
実生活では見たことないし、実感したこともない。
しかも相手はニンゲンの曖昧な感覚。
効果を数値化できるわけじゃないんだよね。
ヘッドホンをして、ノイズキャンセリングのスイッチを入れたり、切ったりすると
確かに周囲の音が消えたように聞こえるけど、ホントにそうなのか?
気のせいじゃないのか?
「このヘッドホンをすると周囲の音が聞こえなくなります」って書いてあるのを見て
ヘッドホンをすれば、何となくそんな感じがするってだけじゃないのか?

そんなニンゲンの曖昧な感性に、理論が果敢にも挑戦しているような気がしてならなかった。
現代は科学が進んで、宇宙の果てがどうなってるかも分かるようになってきた時代だけど、
それでもニンゲンは「太陽が東から昇るように」見えてしまうのだ。
動かない太陽に対して、自分を乗せた地球が自転しているようには決して感覚できないのだ。
「背後に幽霊がいる」と言われれば、さっきまで微塵も感じなかった人の気配を
背中に感じてしまう、これがニンゲンの感性なのだ。
そんなニンゲンの感性に「周囲の音が聞こえなくなるよう」知覚させるのは
理屈だけで通用する話しじゃない気がする。
250種のスパイスを入れたカレーは、レトルトカレーとは確かに違うかもしれないけど、
230種のスパイスの入ったカレーとどう違うのか知覚できるニンゲンがどれほどいるのか。
このヘッドホンは、そんな曖昧な感性への挑戦である。

しかも、さ、「音を聞こえなくする」ために、逆に音を流すという発想。
この逆転の発想が、しゅんすけの琴線を弾いた。
なんか痛快な感じがするじゃないですか。
まるで、害虫被害の軽減のために、逆に害虫を養殖し、放飼するという逆転の発想が
実を結んだ某沖縄のゴーヤーを巡る攻防みたいじゃないですか。
(詳細過去日記・・・いや、スゴイ昔ですが)

そんな挑戦への潔さを、しゅんすけはイヤホンとの差額2000円で買った。
実際、雑音が聞こえなくなっているのか、ヘッドホンからの音楽のボリュームが若干上がっただけなのか、
または単純にそんな気になってるだけなのかは、この際問題ではないのです。

月曜からの通勤電車が、ちょっと楽しみです。
※電車でヘッドホンをつけて音楽を聴くほどの音楽ファンではないので、
ヘッドホンなるものの装着がイマイチ様にならなくて、ちょっと恥ずかしいですが。

それにしても、いろいろ考えるわ。
コレも軍事技術の転用なんでしょ?
なんでも戦闘機のパイロットの難聴を防ぐためだとかなんとか。
そう言えば、一昔あった「骨伝道」で音を知覚するって技術も軍事技術だったな。
(いや、骨伝道の携帯電話とかあったね、今どうなってんの?)
それを言い出したら、カーナビだって、インターネットだって、軍事技術だよな。
そういう技術が、生活を豊かにしているというのは、なんかあまりいい気がしないものだね。
posted by しゅんすけ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

物欲発動

某ソニー社製のハードディスク・ポータブル・オーディオプレーヤーなるものを
購入しました。
よう分からんけど、iPODみたいなもんだね。
iPODはさきこが持ってるので、せっかくだから他社製品を購入してみた。
ネットで音楽をダウンロードするのは、音楽を嗜むロマンに欠けるなどと
嘯いていたけど、意外に面白い。
パソコンをかちゃかちゃやりながら「おおっ、こんな曲まで?!」などと
仰け反って楽しんでました。
※iPODの何とかってダウンロードサイトよりも、
邦楽のラインナップが多くて、楽しいね。
posted by しゅんすけ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

暴走トレーニング。

土曜は、朝から歯医者。
歯科界のブラックジャックと言っても過言ではないしゅんすけの
主治医(っても、料金は適正ですが)が、現在の病院を辞めてしまうそうで
彼の最後の治療だったわけだけど、さすが名医、どこかの某歯科大の
直営歯科とは違い、わずか十数分で1本さくっと仕上げてくれました。
(しかも2人の患者を交互に治療する。将棋の50人指しか)
う〜ん、次の歯医者も同じくらいの技量だったらいいのにね。

治療のために麻酔を打ったら、その後は激しい運動を控えないと
いけないかと思ってたら、そうでもないらしく、
1ヶ月くらい行けなかったジムに久々に行くことにした。
麻酔のせいで、歯茎や唇に感覚がなかったけど、
そろそろ身体鍛えておかないと、夏山登山でまた醜態を晒すハメになるからね。
※その前にゴールデン・ウィークの彼女のXデーに
なんとしゅんすけも付き合うことになってしまった。
うへー、かなり気が重いっす・・・。

さて、身体がかなりナマってるだろうから、
少し抑え気味にしたんだけど、意外にも筋力というより精神力が勝って、
割とキツいプログラムをこなすことができた。
「あれー、こんな重いウエイトでも大丈夫なんだー。
割と筋力衰えてないじゃん」と思って、調子に乗ってたら、
さすがに気づいた。
「あ、俺、今モルヒネ打ってるわ」

体力があったわけでも精神力があったわけでもなく
単に麻酔のせいで、辛さを感じなくなってるだけだったんだね。
それでも、久々のトレーニングに思いのほか頑張れて、
満足して終了したのでした。
歯医者行ってから、トレーニングする。
コレいいわ。次回から必ず歯医者行ってからジムに行くことにしよう。

そして、翌日。
忘れてた。
麻酔のせいで、無理できたということは、
つまり麻酔のせいで、身体の悲鳴が聞こえてなかったわけだ。
怒涛の筋肉痛。
今まで以上にキツい筋肉痛。
起き上がれないもんな。
そりゃそうだ。麻酔のせいで、気持ちよく運動できても、
身体は相当無理してたハズだったからね。
いや、きっと明日の方がキツいに違いない。
参ったな、こりゃ。

そうそう、4月15日。誕生日でしたわ。
いや、全然メデタくない。
ついに四捨五入すると、大変な数字になる歳になってしまった。
posted by しゅんすけ at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

しゅんすけの愛した数式。

部屋を借りる時に、不動産屋から貰う資料ってあるじゃない。
簡単な図面が書いてあって、「○○u、駅近、バストイレ別」とか。
しゅんすけは既にアンドロメダ級の住宅ローンを背負ってしまったので
そういう広告を手にすることはないんだけど、
仕事上ちょっと触れたりすることがある。

そんな時、部屋の面積は記載されているものの、
実際どのくらいの寸法なのか分からないわけで、
レイアウトを考えるには、ちょっと困るわけだ。
ま、広告の図面なんか結構いい加減なんだろうけど、
それでも縦・横の寸法が分かれば、とても助かるんだよね。
このいい加減な図面と記載されている面積から、寸法を出すことは可能か。
いい加減な図面だから、いわゆる近似値でいいわけで、
図面に定規を当てて、全体の比率から実際の寸法を求めても
差し支えないわけよ。

かなりの誤差を許容するなら、しゅんすけの拙い算数の知識でも
分かるかもしれないと、図面に定規を当てながら
あーでもないこーでもないと電卓を叩いていたところ、
ふと、思いついた算式がある。

公式というわけじゃないけど、
これって、覚えておいた方がいいかもしれないと思い、
備忘録的に記載しておくことにしました。

setumei-zu01.JPG

不動産屋から提示された図面には、面積は記載されているので、
仮にこんな感じで設定できます。
知りたい寸法・縦=x
知りたい寸法・横=y
実際の面積=z(例=25u)
とします。
面積は縦×横で求められるので、x×y=zと言えるわけだ。

んで、今度は図面上の寸法を計ってみる。
(部屋はいろいろな形があるけど、台形なら台形の面積公式、
三角形なら三角形の面積公式があるので、この辺はアレンジだな)

図面上の寸法・縦=a(例=2p)
図面上の寸法・横=b(例=5p)
図面上の面積=c(例=10cu)
a×b=c(2×5=10)

setumei-zu02.JPG

さてさて、提示された情報と欲しい情報は揃いました。
どうせ近似値なので、比率で求められればいいんだけど、
a:x=c:z、またはb:y=c:z
は成り立たないんだな。
2:x=10:25、x=5
5:y=10:25、y=12.5となり、
5(x)×12.5(y)=25(z)にはならないもんね。
※算数苦手なしゅんすけにはよう分からんが、
掛け算を施しているので、比率が合わなくなるんだな。
(なんかバカっぽさをアピールしてる感じで情けない)

しゅんすけの知識では、この程度だったんだけど、
うまくいく方法が思いついたのです。
ユリイカ!
↑言ってみたかったな、このセリフ。

図面上の面積(c)も実際の面積(z)も、
少なくとも面積の公式、縦×横があてはまるわけよね。
ここでとりあえず暫定の縦、横として、√c、√zとしても式は成り立つわけだ。
√c×√c=c、√z×√z=z。
√cも√zも暫定とはいえ、両者の比率は、図面上の寸法と実際の寸法の関係だから
この両者の比率に図面上の寸法(a、b)を掛ければ、
実際の寸法、つまり知りたい寸法が出てくるわけだ。

というわけで、以下の公式が求められる、と。
√z÷√c×a=x(知りたい寸法・縦)
√z÷√c×b=y(知りたい寸法・横)

これで、x×y=zになってくれればOKで、
嬉しいことに結果的に同じ数字になることが確認できた。
(補稿参照)
これで、縮尺が分からない図面を前にしても、提示された全体の面積から
各寸法を割り出すことができるぞ。

おおー、なんか数学を解いた感覚だ。
高校以来数学を解くということはなかったけど、こういう感覚なのかな。
ホントの数学者が頭を悩ませている数学とは、桁違いに初歩的なんだろうけど、
そんな疑似体験ができた感じでちょっとウレシイです。
しゅんすけの拙い算数も、ここまで追いついたって感じか。
(っていうか、しゅんすけの仕事柄、こういう計算方法を会得できたのは
業務の効率化という実際的な側面が強いんだけどね)
※とは言え、数学が分かる人に言わせると、全然スゴいコトじゃなくて、
3+4=7を7=2+5だと証明できた程度のことなのかもしれんが。

数学の証明では、いろんなタイプがあるそうで、
モノによっては、自らが「解く」というよりも、
意図しないのに証明がどんどん進んでしまい、
結果的に証明できてしまうということがあるんだそうな。
「解く」というより「解かされる」「分からされる」というか。
そういう時、数学者はとても謙虚な気分になるんだそうな。
自分の能力とは別の数学世界の巨大な構造を垣間見たような、
人知を超えた知性を見たような感覚になるんだそうで、
それは宗教における謙虚さ(神の前では誰しも謙虚になる)と似た感覚なんだそう。
また一方、大きな証明過程の中で、小さなほころびを修正しながら
ゴリゴリ思考を進めるような証明もある。
しゅんすけの読んだフェルマーの最終定理(またかよの感ですが)では
一旦結論を見た一連の証明の中に、小さなほころびが見つかり、
それを修正するために、新たな数学的知見が動員されるという顛末だった。
まるで、真っ暗な部屋を手探りで進み、やっと照明のスイッチを探り当てて、
スイッチを入れると自分の周りだけが明るくなって、さらに先には暗闇が広がり、
手探りで暗闇に踏み込むような感覚。

比較するのもおこがましいけど、今回のしゅんすけの証明(?)は
後者の感じだった。
結論に向けて、いろんな可能性を試しながら、ジャングルに道を作るように
進めてきた感じだった。
でも、やっぱり解き切った感覚は気持ちいいものである。
このツールが、しゅんすけの数学的感性に寄与してくれるといいけどね。
※特に、c=a×bをc=√c×√cと置き直せたところが気持ちいい。

※そうそう、この一見何の得にもなりそうもない数学的感性ってのが
数学の究極の目的のような気もするな。
フェルマーの最終定理を解いたところで、その命題自体から何か発展したわけ
じゃないけど、証明の中のノウハウは、
数学界に確実に変化をもたらしたわけだからね。

補稿:
例にある数値を整理すると、以下のとおり。
a=2、b=5、c=a×b=10
x=?、y=?、z=x×y=25
√z÷√c×a = √25÷√10×2 = 5÷3.16228×2=3.16228(x)
√z÷√c×b = √25÷√10×5 = 5÷3.16228×5=7.90569(y)
故に、x=3.16m、y=7.91mとなる。
試しに、x×y=3.16×7.91=24.9956(z)となる。
posted by しゅんすけ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

最近のニュースから。

携帯サイトの胡散臭いニュースで、
英国人は自分の名前と同じ色の車を好むらしいとの記事が出ていた。
イギリスには、シルバーさんとかブラウンさんとかいるけど、
彼らがシルバーやブラウンのクルマを所有している比率が
割と高いんだそうな。
ホワイトさん、ブラックさんも有意な数字を出している反面、
グリーンさんは例外であまり高い比率にはならなかったそうな。

いや、しゅんすけも実は色の付く姓を持ってるんだけどね。
青いクルマを持ったことはない。
最初のクルマは、たしかに青っぽかったけど、アレは貰ったものだからな。
自分の意志で選択する色で、青を選択することはほとんどない。

何かを購入する際に、いくつかの色から選択できるのであれば、
極力青を避ける。青を買うくらいなら、赤を買う。
そのくらい青は嫌い。

日本人にも、色のつく苗字って多いけど、どうなんだろうね。
posted by しゅんすけ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末は。

いや、長い週末だった。
土曜は川崎まで金管バンドの練習だったんだけど、
その前にメガネなぞ新調して、ちょっと気分転換できたので
ちょっとウレシかったり、金管バンドでは、コルネットパートの
ポジション変更があり、しゅんすけが拝命したポジションは
楽曲での影響力が割と大きなポジションなので、
難しくもちょっと楽しみだったりするのでした。
(きっと音程の良さが要求されるんだろうな。
ただでさえ、音の高低に無頓着なしゅんすけが
和音の中の自分の位置によって、高めにしたり低めにしたりするのは
結構難しいかも。そういうのが、分かるようになると、
演奏も一味楽しくなるんだろうけどね)

日曜は彼女のXデーだったので、朝6時起床で、
鶴見川まで行ってきた。
天気予報ではぽかぽか陽気と言ってたけど、
やはり午前中は気温も上がらず、水面を渡る風が肌に冷たくて
キツかったな。
彼女は思いのほか健闘して、いい第一歩を踏み出した感じ。
それにしても、日曜の午前中、普段なら惰眠を貪るこの時間に
外ではこんな面白いイベントが開催されていたんだね。

その後、止せばいいのに、さきこと海までドライブなんかしちゃったもんだから
変に疲労が溜まって、月曜から気持ち的になかなかエンジンがかからないのでした。
posted by しゅんすけ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

彼女の場合。

久しく黙々とトレーニングを続けていた彼女が
今度の日曜日についに本番を迎える。
夢にはまだまだ遠いようだけど、
その第一歩を踏み出すことになるわけで、
しゅんすけも感慨深い。
ま、現時点の力試しなので、力まず臨んでもらいたいものです。
posted by しゅんすけ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

桜夜景

地元のサクラが満開になったので、行ってきた。
いや、スゴイ人出でした。
屋台のお店とか結構あってね。住宅街なのに、かなりの賑わいでした。
何年か前に屋台から出火して、あろうことか満開のサクラの木に燃え移るという
不届きモノがあったせいで、地元の消防団が待機してた。
サクラが咲くと、ついつい常軌を逸した行動に出やすい祭り変貌体質の日本人だからね。
※大してキレイな河でもないのに、川面からのサクラ見物でもしようとしてたのか
ゴムボートまで持ち出す輩もいて、おいおい、そんな水深ないがな。
(カモが歩いてるくらい浅いでないの)
※商店街の酒屋でサクラの花が一輪丸ごと入ったワインを売ってた。
水中花のように揺らめくサクラの花を見ながら、
満開のサクラの木の下でワインを飲む気持ちよさ。
SN320048.jpg

そんな地元の花見をさらにパワーアップしたのが、
会社主催の靖国神社花見大会でした。
しゅんすけの会社は比較的若い会社なんだけど、
親会社の影響か、古い気質も残ってて、
花見を会社行事にしているんだよね。
(そのくせ年賀状を出し合う気質はない、変な会社)

いや、天下の靖国神社ですからね。
なんせ東京の開花宣言を判断するサクラがあるトコロですからね。
さぞかし夜桜がキレイだと思ってたんですよね。
ところが、サクラが見えない。
屋台が軒を連ねる参道に酔っ払いが溢れていて、
サクラは参道から少し外れたところにあって、
夜桜を愛でるような場所とは思えなかった。
(いや、しゅんすけがいた場所がそういうトコロで、
奥にはもっとスゴイ場所があったのかも知らんけどね)
それでも、見物客が楽しそうに行き交うのを見るに
サクラが咲いているかどうかはあまり関係なく、
やっぱり祭りがしたいだけなんだと思った。
まさに、♪四月は〜花見〜で、酒が飲めるぞ〜、
酒が飲める飲めるぞ〜、酒が飲めるぞ〜♪の世界でした。
来年は、京都とかで、花を本気で愛でる旅に出たいものだ。
(って毎年言ってるが)
SN320047.jpg
posted by しゅんすけ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。