2006年08月18日

惑星兄弟の家族計画

太陽系の惑星の数が増えるかも知れないんだそうな。
火星・木星間の小惑星や冥王星を惑星と認定するかの議論や、
最近明らかになってきている冥王星より遠方の天体・カイパーベルトの中の
天体の扱いなどで、惑星の定義が曖昧になってて、
再度認定し直す議論が起こってはいたんだそうな。

そりゃ、太陽系以外にも、恒星を巡る惑星系が発見されてきている昨今、
何を惑星とし、何を小惑星とか彗星とするかを認定するのは
どこかで必要なことなわけだろうからね。
※そういや、彗星なんか太陽を公転してるから、極端な話し惑星的な
振る舞いではあるんだよね。楕円軌道が極端で、太陽風に晒されて長い尻尾が
出たりするけど、いわば程度の差なわけだからさ。

んで、今回惑星の定義となったのが、自重で球形を形作れること。
丸い天体は、とりあえず惑星ってわけ。

ま、分かりやすいっちゃ分かりやすいけど、
この定義に当てはまる天体は、従来の惑星以外にも太陽系の中に3つあるそうで、
今まで水・金・地・火・木・土・天・海・冥と呼び習わされてきた中に
火・木間小惑星帯にあるセレス、冥王星の衛星と思われてきたけど、
実はお互いがお互いの周りを回るという二重惑星であることが判明したカロン、
冥王星よりもさらに遠方のカイパーベルトにある第10惑星が
新たに太陽系の惑星になるんだそうな。
う〜ん、なんかピンと来ないな。
大気があったり、ガス惑星だったりと変化に富む太陽系の惑星たちの中で
彼らは要は岩の塊なわけで、なんかロマンがない。
冥王星は惑星ではないとする意見もあるそうで、
そっちの方がロマンを維持できそうとしゅんすけ的には思うけどね。

ちなみに、この分かりやすい惑星の定義、
これが正式に認められると、新たに惑星候補に上がる天体が
あと12個もあるんだそうな。
いや、これは多いだろ。多いとロマンがない。
ウルトラマンも皆兄弟ってことにしちゃったから、ウルトラマンタロウ以降は
しゅんすけ的にはロマンがないのと同じ。(同じか?)

ロマンと言えば惑星探査だけど、
岩の塊でしかない天体に降りてみようって気にならないもんな。

吹奏楽の名曲でも知られるホルスト氏は、冥王星を除く惑星のそれぞれの表情や
ギリシア神話との繋がりから、「惑星」ってな曲を作って、
そういや遠い過去に100人くらい集まって演奏したのは「木星」だったか?
(いや、ショスタコの「革命」だったか)
新しい惑星には、そんなホルストの「惑星」のようなロマンを感じないんだよな。

ま、今後秀逸なコピーライターによる惑星名の命名が
新たなロマンを生むかもしれないけどね。
ネットで見てみると、惑星の認定についての科学的根拠に対する意見よりも
新しい惑星の和名はなんなのよ?的な問題の方が熱く議論されていたな。
天・海・冥と王様続きなので、次は何の王様か?
魔王だの覇王だのいろいろ強そうな名前が出てきてたな。

しゅんすけは、ロマンを感じないので、
この話しにはあまり琴線を弾かれませんでした。
探査してみたら、古代ギリシアの遺跡に酷似した人工物が発見されたりしたら、
すっごく面白いと思うけどね。それがロマンだ。

そうそう、宇宙の話しと言えば、
昨日までNHKでやっていた英BBC制作の「宇宙へ」はなかなか面白かった。
ドラマとしての映像と当時の記録映像との融合がうまくいっていて、
映像的にはとても楽しめました。
月周回軌道を巡り、月の裏側から回り込む時に月の地平線から顔を出す地球の映像は、
とてもココロときめくものがあります。
ああいう映像はいつ見てもいいね。
でも、ストーリーが・・・ね。
アメリカのロケット開発の第一人者ヴェルナー・フォン・ブラウン博士と
当時ソ連の開発責任者セルゲイ・コロリョフの対比を中心に描いていたので、
宇宙進出競争の過剰な盛り上がりや
「プロジェクトX」ばりの不可能を可能にする物語の部分が少なかった。
アポロ計画の重要なテスト版であるジェミニ計画の部分なんか
正味5分くらいで終了だったし。
その分、二人の開発者がちょっとカッコいい演出も併せて描かれていたな。
フォン・ブラウン博士は、ロケット開発だけじゃなく、
月面着陸のミッションまで統括していたんだっけか?
(彼は純粋に「飛ばし屋」だったんじゃなかったっけ?)
しゅんすけは、誰がロケットを開発して、
それを月まで送り込んだかについては、あまり興味がないんだけどね。
でも、総じていい番組でした。
貴重な映像を保管しておきたいという点で、DVDとかにはならんかな。

コロリョフ、10回言ってみて。
20年くらい前に崩壊した某国のトップだったチャウシェスクもそうだけど、
東欧・ロシアの人って、どんな舌してんだ。
posted by しゅんすけ at 19:57| Comment(1) | TrackBack(2) | 最近のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュンスケニウムの原子量、アクセス感謝フェア第二弾

おかげ様でしゅんすけのブログもアクセスが順調に伸びておりまして、
こうして読者様に読んでいただけると、無味乾燥な日々が
なんか有意義になってくるようで、大変嬉しいものです。
ホント、ありがとうございます。
さて、そんなアクセス感謝フェアとして、
今回も検索ワードを一挙公開することにします。
今回もなかなか猛者揃いのようですよ。

まずは、一番多かったのが、遺伝子に関する検索。
前回も書いたけど、学校の生物の授業で、
耳垢に関するトピックはかなりメジャーなようで、
検索分類の中ではダントツでした。
■遺伝子系
「染色体異常」「16」
16番目の遺伝子が何をつかさどってたかなんて、しゅんすけが逆に聞きたいくらい。
せっかく検索してページを開けてくれたのに、何の役にも立てなくて申し訳ないッス。

他にはこんな検索ワードがありました。
「劣性遺伝子」「血液型」「染色体」
「ヒトの遺伝形質」「血液型」
「優性」「劣性」「ドライ」
「メンデルの法則」「劣勢形質の頻度」
劣勢ではなく、劣性だね。
それにしても劣性形質の頻度なんて、何を調べようとしてたのか。

「ポルタトーリ」「遺伝子」
出たな、ポルタトーリ。
NHKの信者が世の中に如何に多いか。
今回の調査では相当数の検索がありました。

「耳垢」「ウェット」「ドライ」
「劣性遺伝子」「耳垢」
「トカゲ」「耳垢」
耳垢ネタが多かったのは予想の範囲内だけど、
トカゲと耳垢をセットで検索するなんて、
ホント何を求めていたのやら。

さて、次に多かったのが、数学に関する検索。
やはりインターネットを使って検索するんだから、それなりに学術的な
欲求を満たしたいんだろうけど、
このブログはそんな期待には添えてないのが申し訳ない限り。
■数学系
「博士の愛した数式」「オイラーの定理」
こらこら、これは前回にもあったけど、調べなさいな、本屋で。
しゅんすけもおぼろげに理解していたのがだんだん忘れてきちゃってるけど。

「数学を解くということ」
いや、これ、しゅんすけに聞いちゃいけない。
しゅんすけだって、なーんも分かっちゃいないんだから。
それにしても、彼(彼女)は、数学を解くということの答えに
たどり着いたんだろうか・・・。

他にはこんな検索ワードがありました。
「リーマン予想」
「数学史」「ベクトル」「起源」
「台形」「数式」

■読書感想文系
しゅんすけが読書感想文を書くようになったので、
感想文を検索されることが多くなった。
他の人がどう感じているのかを純粋に知りたいという理由もあるだろうけど、
7月下旬から徐々に検索件数が増え、今や感想文だけでも
かなりな数に昇る現状を見るに、
夏休みの宿題としての読書感想文をネットで検索するという
掟破りな学生も少なからずいると思われる。
新聞の記事で、学習の意義がネットによって薄れていることへ警鐘が鳴らされているのを
読んだけど、まさにその現場にいる感じ。
本は読書感想文を書くために読むんじゃないし、まして読んでもいないのに
感想文だけをネットで拾うのは、大きな間違いである。
(本を読まなかったんだから、正直に「読みませんでした」って言やいいのに。
宿題をやったこと自体が、本人の評価になってしまう教育制度に激しい疑問)

「博士の愛した数式」「読書感想文」
「数学書」「感想文」
「ナルニア国物語」「6章」
「ナルニア」「考察」(2)
「ナルニア国物語」「読書感想文」(17)
「ブレイブストーリー」(5)
今回の調査では、ナルニア国物語に関するワードがダントツでした。
話題の映画だからね。
でも、前述のような夏休みの宿題としての読書感想文を
とりあえず作成する目的でネットを彷徨う小学生の姿が浮かんでしまい、
変な気分である。

■地元系
ブログに登場した地名ネタの検索。

「しゅんすけ」「横浜」
これは、このブログを検索しようとしたのか?

「横浜プリンス」「閉館」「マンション」
「横浜プリンス」
「横浜プリンスホテル」
日記的に記載した横浜プリンスホテルに関する検索。
つくづくこのホテルの閉館が惜しまれる。
しゅんすけの転職先が磯子にあるんだけど、
総務の人曰く「ちょっとした接待でも関内まで出ないといけなくなる」と嘆いていた。

「沼津」「ジム」
まさか、「あの」ジムを検索したかったのか?
思い出の沼津のジムを。

他にはこんな検索ワードがありました。
「御殿場」
「マイカル本牧」
「御殿場」「アウトレット」「海老名」
「免許」「更新」「二俣川」

■クルマ関連
某チンク系のサイトに登録したので、チンク・オーナーさんの訪問が
増加しました。今はこのサイトは閉鎖されちゃったけど、
しゅんすけ的には日本中のオーナーさんと交流ができて、うれしかったです。

「チンク」
「チンクブログ」
「チンク」「ETC」
チンクにETCを取り付けるニーズって、やっぱ高いのかな。

「etc」「取り付け」
「間欠」「ワイパー」「チンク」
たしかに、チンクのワイパーを間欠にしたい欲求はあるね。
今のところ、ワイパースイッチを長くして、操作しやすくして対応してるけどね。
ま、もともと雨の中を快適に走行できるようなクルマじゃないからな。

その他の検索ワード。
「同時点火に変えたら」
「スマート」
「インプレッサ」

■日記記事系
ブログで何気に記載した単語を拾われちゃった的な検索ワード。

「NHK」「ゴールデンウイーク」「ホオジロザメ」
NHKの「プラネットアース」の感想にヒットしたんだと思われます。
これもなんだかなーな番組だったな。

「周囲の音」「聞こえなくする」
ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンのお話しから。
なかなか秀逸だったけど、しゅんすけって通勤中に音楽を聴くことが
ほとんどなくて、本を読んでいるか寝ているかどちらかだから、
最近ちょっとお休み気味なヘッドホンです。

その他の検索ワード。
「モナリザの肉声」
「会社愚痴」
「親知らず」「縫い合わせ」「違和感」
「判例」「交通事故」「牽引車」
「電車遅延」「切符代」
「京急」「車掌」

ウィルコムの携帯でPDAチックな機種が出て、狂おしいほど物欲を
かきたてられた件についてのヒット。
「au」「通信」「PDA」
「ウィルコム」
やはり機器への興味は大きいようで、かなりの検索数でした。
しゅんすけの物欲は欲求不満のまま継続中。
いつかそういう機器がauから出るといいなー。

「野球の掛け声」
「バッチ」「来い」「バッチって」
野球をやらないしゅんすけの素朴な疑問、「バッチコイヨー」。
同じような疑問を持っている人は少なからずいるってことか。
いや、恥ずかしいわ。

■職員室
さて、今回の職員室来なさいは、以下の検索ワード。
しゅんすけのブログを覚えててくれて、後で探してくれているのなら
とても嬉しい限りです。
「シュンスケニウムの原子量」
「シュンスケニウム」
「夢想」「チンク」
このワードで検索いただいた方は、ぜひブックマークを。

■その他
その他の検索ワードは、今回はあまりぱっとしなかったな。
もっと超変化球な検索ワードだと、見てる方も嬉しいのだけどね。

「吹奏楽」「長野」
「坂本竜馬」
いや、しゅんすけは坂本竜馬については、何ら記載していないんだが。
コレで検索した後、すぐブックマークのこのページにアクセスしたのか?
しゅんすけ的には桂小五郎さんが好きです。

その他の検索ワード。
「神社」「お守り」「お炊き上げ」
「原子量」「2004年」
「原子量」

以上が、今回の検索ワード集でした。
う〜ん、今回は刺激的なものがなかったな。
今後もどんな検索ワードがしゅんすけのブログにたどり着くのか、お楽しみに。

これ調べるのって結構大変だわ。
posted by しゅんすけ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。