2006年01月11日

古畑にゃん三郎

テレビドラマについて、云々書くのは、某フジテレビの「白い巨塔」以来か。
正月のテレビ三昧な毎日で楽しみにしていた某フジテレビの「古畑任三郎」の
録画を今になって全部観た。
正月に3日連続一挙3作品の放送でしたが、それぞれなかなか面白い話しでした。
しゅんすけはこういうの嫌いじゃないな。
っていうか、最近の読む本がこの手の傾向を持ちつつあるトコロを見ると、
好きなんだろうね、やっぱ。
でも、シリーズのファイナルにしては、もう少しツッコんで欲しかったかな。
彼らのその後について、を。

きっと古畑さんはこれからも難事件を解決していくんだろうけど、
それを匂わすエピソードを最後に挿入して、観客の「古畑」像に決着を
つけて欲しかったというか。
もしかしたら、古畑はこの事件を最後に刑事を辞めるかもしれないじゃないですか。
いや、最後には犯人に殺されてしまうのかもしれないじゃないですか。
いやいや、やっぱりこれからも行く先々で難事件に巻き込まれ、
愛用の自転車にまたがって、ちょっとトボけつつ登場し、
独特の口調で犯人を誘導し、見事解決していくのだ。
どちらにしても、最後である以上、何らかの結末が欲しかったな。
これからもう二度と彼がテレビに登場しないのであ・れ・ば・・・んーふっふっふ・・・。
(そういうエピソードがないと、納得できない程度のお子ちゃまなのかもな)

しゅんすけとしては、いつもよりもかなり早い時間に事件を解決して、
最後にちょっとした古畑ストーリーをやってくれると思ってた。
最後の事件にしては、トリックが簡単過ぎたのも、何らかの振りのようだったし、
部下の西園寺くんがかなり真相に迫った推理をしてたのも、
「これからは西園寺くんが難事件を解決します。だから古畑さんはもう現れません」的な
振りのようで、もう古畑が現れないということはどういうこと?死ぬのか?などと
ひとりワクワクしてたんだけどね。
ちょっと拍子抜けしてしまいました。
脚本家の三谷氏の作品は好きなので、古い作品に足を引っ張られてないで、
どんどん新しい作品に手を伸ばして欲しいとは思ってるんだけどね。
なーんか納得しない最後に釈然としない夜は更けていくのでした。
※「白い巨塔」について、過去ログを探ってみたら、
何も記事はありませんでした。あれだけ毎週楽しみにしてて、
「今日はドラマを見るので、定時で帰ります」と嘯き、職場のヒンシュクを買っていたほど
のめりこんだテレビドラマだったのにね。
posted by しゅんすけ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

??純??綏??
Excerpt:
Weblog:
Tracked: 2006-01-11 14:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。