2006年08月10日

転職への道・第二章〜明日はどっちだ?

しゅんすけの以前の日記を読み返すと、いや、転職にまつわるエトセトラは
自分のことながら面白い。つい読み返してしまったよ。

さて、新たに始まるしゅんすけの転職第二章。
おいおい、第三章はないだろうな、と今から心配です。
でも、過去のしゅんすけが日記でいいコト言ってた。
「転職は清流に転々と顔を出す石のようなもの。
今乗っている石の乗り心地が悪いからと他の石に飛び移ろうとしても
その石が実はさらに足場が悪いのかもしれない。
それでも飛び移って安定した石に乗れる人もいれば、
やっぱり足場が悪い石でバランスを崩して川に落ちちゃう人もいれば、
さらに別の石に移っていく人もいる。
転職とはそういうものだ」
・・・いや、ウマいことを言う。
まさに、今いる石は足場が悪くて、他に良さそうな石を求めているわけだからね。
さて、今度の石はどんな石か。

そんなわけで、しゅんすけは性懲りもなく転職意思を固めたわけです。
転職先は、黒い幽霊団(=ブラック・ゴースト)のような会社だけど、
給料もいいし、家も近いしで、もしかしたら良い会社かもしれない。
(給料は、以前の会社の水準を取り戻しました)
いやね、黒い幽霊団的な事業に、ホント悩んだけど、
ま、どうせしゅんすけの血税の一部も黒い幽霊団に流れているわけで、
そういう意味じゃしゅんすけが税金払っている行為が
黒い幽霊団に加担していることになるわけだから、就職してそこから給料貰うことは、
黒い幽霊団がさらにダークサイドに落ちていくのを妨げているわけで、
逆の意味でしゅんすけの理念に適ったことなのかもしれないね・・・苦しい言い訳。

以前の会社では、退職にまつわる銀河系を巻き込んだ大戦争だったけど、
果たして今回はどうか?
あまりにもいいことがなくて、ブログにはほとんど登場しなかった会社のことだけど、
ホントにいいことないんだからしょうがないよね・・・と思ってたら、
最近仕事がちょっと楽しくなってきたり、業者の方(女性♪)から期せずして
温かい言葉をいただいたりと、神様、単純に僕を翻弄してるでしょ?と
夜空に向かって問いかけたい気分。
確かに今の会社での立場がやっと固まりかけてきたこの時期に
会社を辞めてしまうのはもったいないことかもしれない。
周囲の時空が歪んでしまうほどボリューム感のある同僚の態度が冷たくて
枕を濡らした夜もあったけど、この前飲みに行ったら、実は割としゅんすけのことを
思いやってくれてたとかね。いや、そういうのは従前に態度で示してくれんと
分からんよ。もうしゅんすけは退職意思を固めちゃったわけだから。

直属上司にも退職意思を伝えてしまい、月曜には役員や社長の耳にも入るかもしれず、
一度退職経験のあるしゅんすけには、これからが戦争の本番なのは
充分理解できていて、身の引き締まる思いだったりするわけです。
さてさて、どうなるものか。
ちなみに、前の会社の退職では、退職日が近づくにつれて、
針のムシロのようになると恐れたけど、実際は温かく退職させてくれた。
今の会社はそうは行かないだろうな。針のムシロ、いやそれ以上か。
またはホントに針のムシロに座らされて、
「今日からここで仕事して」なんて、冗談じゃないかもしれなかったり。
posted by しゅんすけ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職への道・第二章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。