2006年09月15日

慰留飲み会

しゅんすけの会社に新人くんが入社したので、
その歓迎会のために有楽町まで蟹料理を食べに行きました。
蟹料理は食べにくいので、しゅんすけはあまり好きじゃないんだけど、
(食べられる範囲と食べられない範囲が曖昧な食品はどうも苦手だよな。
リンゴとかナシは好きだけど、スイカとかメロンはどうも苦手。
蟹料理もどこに身が潜んでいるか分かりにくいので苦手)
なかなかの美味でした。

ところで、会社(や同僚)のしゅんすけに対する態度が
最近軟化してきたのが、気になる。
しゅんすけの退職話は、上司限定かと思ってたけど、
もしかしたらいろんなところに漏れ出しているかもしれないな。
それにしても、しゅんすけが大っっっ嫌いなアノ人から
何となく行間に気遣いが滲み出ているようなメールを
送られた時にゃ、驚いたね。
Ccで送られてたハム部長に「ねえ、見ました?」なんて
隣の家の旦那さんが浮気してる現場を見ちゃったオバちゃんの
井戸端会議のような口調で話しかけちゃったもんな。
性善説な立場のしゅんすけがそこまで嫌悪するニンゲンってのは
そうそういなくて、もちろん嫌われ度で言えば、お互い様なんだけど、
どういう心境の変化なのか、またはそこまで深く考えていないのか
知らないけど、しゅんすけのモチベーションが完全に枯渇してる今になって
そういうことやられても、しゅんすけのモチベーションはぴくりとも
動きまへんがな。今更何言ってんの?って感じ。逆に、なんか気持ち悪かった。
(例えば、上司からしとどに怒られた後に、
メールが来て「さっきはゴメン」とか言われるような気持ち悪さである。
そんな上司はいないけど)

そんな気持ち悪い状態の中、今日も慰留飲み会があります。
いくら説得されても、もう無駄なんだけどな。
ただ、前回の退職劇同様、お世話になった人たちばかりなので、
裏切るようでホントに申し訳ないと思ってしまう。
以前に慰留飲み会した時には、
「逃げの転職なんか絶対うまくいかないぞ」なんて言われたけど、
転職ってのは少なからず逃げなんだけどね。
今日はその辺をどうあしらえるかがポイント。

この前転職先にいろいろヒヤリングに行ったんだけど、
既にしゅんすけ用のデスクとパソコンが置いてあった。
電機メーカーだから、当然自社製のパソコンで、
「えー、しゅんすけはIBMとかがいいなー」とか露骨に
不満を訴えようかと思ったけど、止めておいた。
そうか、こういう会社に入れば、
さきこが以前から欲しがってた食器洗浄機も大型テレビも
現状老朽化の著しい諸々の家電も安く手に入ったりするのだろうか?
今の会社もそれなりに社員へのメリットはあるけど、
こういうトコで較べちゃイカンよな。
※来週末の半分仕事、半分遊びで那須に行くのは、ちょっと楽しみですが。
posted by しゅんすけ at 19:21| Comment(0) | 転職への道・第二章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。