2006年10月30日

携帯戦争?

携帯電話の番号が、キャリアを変えても
継承できる制度、ナンバーポータビリティ制度(MNP)がスタートして
1週間が経過しましたけど、う〜ん、巷の話題をかっさらうこの混迷ぶり、
もともとしゅんすけは現状のキャリアauを変更するつもりは毛頭ないんだけど、
世の中が浮き足立つ最近の動きには、なかなか興味津々である。

MNPがスタートすることになった当初は、
各キャリアのシェアに劇的な変化はないように感じてたけど、
某ソフトバンクが前日になって、料金体系を見直しして
格安路線を打ち出したので、事態は混迷に突入することになったんだよね。

某ソフトバンクを除く2社は、たぶん料金の低額化によって、
ユーザーを取り合うことになるのは避けたかったんだと思う。
数年前のマイライン導入の時は、ユーザーの取り合いで低額化競争が止まらなくなり、
結局会社が疲弊しただけで幕を閉じた感があったからね。
だから、機器のデザインとか無料通話を無期限で繰り越すとか
当たり障りのないサービスでMNPを迎えようとしてた。
だけど、3社中もっともシェアの低い某ソフトバンクは違ってた。
もともと通信業者じゃないから、マイラインの価格競争なんて知らないだろうし、
(いや、知らなくてもなあ)
業界内じゃ追う側だから、「目的のためなら何でもアリ」的な感覚もあったんだろうけど
イササカいただけない感じはするよね。

料金の低額化が前日に突然発表されたってのも
まあ演出によって高い宣伝効果を狙ったんだろうケド、
翌日の朝、号外という名のチラシをバラまいてたのには、
さすがに寒い思いがしたものだ。
号外と言いつつチラシをバラまく宣伝手法は、
号外が乱発されている昨今を逆手に取ったユニークな方法だけど、
ホントに号外を出さにゃイカン状況で、宣伝と誤認されてしまう恐れを考えると、
「号外でーす!号外でーす!」と言って某ソフトバンクのチラシを配っている光景は
オオカミ少年の寓話を思い出すまでもなく、なんか危うい感じがする。
(乱発された号外にどれほどの報道としてのメリットがあるかという
問題は置いておいて、しゅんすけはよくニュース番組で流れるような
号外発行の現場に居合わせたことがないので、
今回みたく号外だ!と思って受け取ったらチラシだったというフェイントに
納得できないわけですよ)

そもそも、某ソフトバンクって、
総務省が解禁した新しい電波帯域(3GHzだったか?)で携帯電話業界に
独自に新規参入を決めていたんじゃなかったっけ?
それが、たまたま某ボーダホンの買収によって、
お金のかかる新規設立よりも既存業者の買取の方が楽だからって、
お金にモノを言わせて、買収しちゃうんじゃ、某ボーダホンのユーザーも
浮かばれないよね。
それにしても、世情に疎いしゅんすけなので、知らないんだけど、
新しい電波帯域の新規参入の話しって、ソフトバンクが抜けちゃったから
収束した感もあるけど、確か他にも免許を取得した会社があったハズで
今は一体どうなっているのだろう?
※音波、短波からマイクロ波、ラジオの周波数、テレビの周波数を経て、可視光とか
X線とかガンマ線とかに至る一本の電磁周波数の帯域のわずかな範囲を
人はどんどん商用に供してきたわけけど、そのうちどんどん波長が短くなって、
そのうち可視光の域に達しちゃったりするのだろうか?
posted by しゅんすけ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。