2006年11月02日

最近のニュースから。

今日の日経新聞の地域ページに載ってた記事。
横浜市営バスの路線がかなりドラスティックに再編されるそうな。
う〜ん、やっぱ横浜市交通局は火の車だという噂はホントだったんだね。
市営地下鉄もビックリプライスの初乗り200円。
市営バスに至っては、都営バスよりも高い210円。
超インフレ地方都市・横浜。

ま、最近は地下鉄も伸びたし、クルマも普及してるし、
しょうがないのかなーと思ったけど、再編路線(系統)数は驚きの58個。
完全廃止な路線が31個、その他一部廃止や民間移譲があるそうで、
(民間移譲・・・神奈中か?)
いやこれはかなり思い切った再編、というかリストラなんだわ。
これでバスの運転手の雇用は確保できるのだろうか?

驚いたのは、完全廃止路線に11系統があったこと。
この路線は、桜木町から保土ヶ谷駅東口を結ぶ比較的距離の長い路線なんだけど、
しゅんすけ的になかなか興味深い路線を走る。

桜木町を出たバスは、元町方面へ向かい、港の見える丘公園を経由して、
外人墓地やフェリス女学院や趣ある教会、横浜山の手の閑静な住宅街を抜け、
尾根伝いに南区に入り、米軍住宅地をかすめて、
稲荷坂と呼ばれるかなり見晴らしのいい急坂を超高速で駆け降り、
そのまま今はゴースト商店街となってしまった中村橋商店街を通って、
蒔田商店街をかすめて、井土ヶ谷からまた山を登り、保土ヶ谷へと抜けていく。
全線廃止とは言え、一部は存続する路線で補うんだそうだけど
このコースのうち、港の見える丘公園から蒔田まではどの路線バスも通らないことに
なってしまい、まさに市民の足を奪われた形になるわけだ。

いやいや、その完全廃止区間は、かなり重要だと思うぞ。
横浜山の手の観光スポットを巡るだけじゃなくて、
尾根伝いに続く住宅地域は、最寄の地下鉄坂東橋から延々急坂を登らないと
辿り着けないという横浜でも数ある陸の孤島のひとつ。
(たぶん米軍住宅地があるので、生活インフラの整備が遅れたんだろうけど)
そこに住んでいる人は、この路線がなくなるとかなり大変になることは
想像に難くないはずなのに、今回思いっきり廃止ってことになってしまってた。
いや、ホントいいのかね。
ちなみに、阪東橋側から尾根伝いの道に続く細い車道をチンクで登ったことがあるけど、
つまり廃止以降に住民が通ることになるだろう道をチンクで走ったけど、
んもう1速ですら登れない、仰向けにひっくり返るかと思うほどの急坂なんすよ、これが。
そんな道を、若い人はともかくお年寄りまでも、いや家庭的に恵まれなかった環境の人たちもが
うんうん登らにゃイカンというのは、どういうことよ!

それに、しゅんすけはこの路線、大好きなんスよ。
桜木町から以前の自宅のあった中村橋までは、他にもいろんなバスが通ってたし、
地下鉄でも帰れたんだけど、この路線を使ってゆっくり車窓を眺めつつ帰ってくるのが大好きだった。
バスの車高だからこそ見えるみなとみらいの風景とか、ちょっと高い位置から見る外人墓地や
今ではすっかり厳戒態勢になっちゃった外人住宅の横を通ってくるのは、
とっても風情があって、しゅんすけは今でも週末になるとその路線の尾根道を
チンクで走ったりするほどなんだよな。
いや、ホント寂しいわ。
特に幼少時、東京の祖母のうちから帰る時は、渋谷で東横線に乗り、
桜木町から11系統で帰宅するのがお決まりのコースだったので、
ホント、東急桜木町駅がなくなっちゃったのと同じくらい寂しいです。
あの尾根道をチンクで走りながら、曲がりくねった道で対抗車線に市営バスに
出くわすというのは、もうないんだね。

さて、今回の再編では、思い出の11系統以外にもあっさりとさくっとリストラされちゃって
横浜や桜木町から出ているスカイウォーク行きのバスもシンボルタワー行きのバスも
そのひとつになっているそうで、おいおい、これは観光都市を公言して憚らない横浜としては、
政策的に残さにゃイカンだろって路線なわけで、
(横浜が観光都市なのかどうかは別として)
だいたいクルマのない人は、一体どうやって大黒埠頭のスカイウォークまで
辿り着くんだ?と思うにつけ、寂しさも相まって、横浜に時代の斜陽を感じる宵なのでした。

※横浜市交通局の路線廃止に関するページ。
http://www.city.yokohama.jp/me/koutuu/bus/saihensei/saihensei.html
posted by しゅんすけ at 01:23| Comment(0) | 最近のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。