2006年12月30日

2006年回顧録

いや、今年はなかなかストレスフルな毎日が継続して、
あんまりいいコトあった年じゃなかったなー。
仕事では、大きな仕事もやっつけたりしたけど、
なーんかイマイチ達成感のない感じで、
昔のようにスリリングでエキサイトな毎日が過ごせていない。
いや、ネガティブな意味では、かなりスリリングだったけど。
そんな中、恒例の1年の振り返りをしてみます。

■転職活動
ストレスフルな職場にオサラバし、新たな充実ライフを送るべく、
密かに転職活動を続けてたら、期せずして内定が出ちゃったんだけど、
この時期がスゴく悪くて、しゅんすけの仕事的にXデーが近かったこともあって、
何となく機を逸しちゃった感じもあり、職場の上司に話しをすると、
これがまた怒涛の引き留めに遭ってしまい、
前の会社ではありがたい引き留めを無情にも振り払って退職しちゃったからって
わけじゃないけど、今回は踏み留まってみようかと思い、退職を断念したわけです。
ま、会社の事業内容が、ある部分で黒い幽霊団(ブラックゴースト)的な側面があって、
選り好みするわけじゃないけど、やはりそういう仕事は避けたかったという
気持ちもあるんだけどね。
でも、残業も少なそうだったし、今のストレスフルな環境を考えると
ひとつの手だったかもしれないな・・・。
いや、後悔じゃないよ、ホント。

そんなわけで、この先もしばらくは、今の会社にお世話になるわけです。

■ホノルルマラソンへの道
今年の彼女の意気込みは、とにかくスゴかった。
今年の初め頃に、おぼろげに考えていたハワイ・ホノルルマラソン出場の夢を
今年の終わりに実現してしまいました。
この話しは、別ページに詳しく書いたけど、
飽きっぽい彼女の割に、これほど情熱的に取り組んだ姿は、
しゅんすけにとっても新鮮でした。

このホノルル本番のために、出場したいろんなロードレースも特筆すべき内容でした。
鶴見川沿いのロードレース、皇居を周回するロードレース、
山梨・西湖まで遠征して雨中走破したレース、そして横浜マラソン。
それぞれで彼女は精一杯の力を出し、驚くべき記録を出し続けました。
彼女の努力に負う部分がほとんどだとは分かっていても、
いや、ホント、ランナーズハイってあるんだね。
走ることに快感を感じるんだろうね。こういう女性って結構多いみたい。
ちなみにしゅんすけは、走ってても全然エンドルフィンが分泌されません。
なので、走るのはいつも苦痛なんだけど、一度歯医者に行った後、
口腔内麻酔が覚めぬまま走ったことがあって、これが異常に気持ちいい。
モルヒネが口腔内以外にも作用してたからで、まさにエンドルフィンを
伴って走っている状態と同じ感覚。
このままなら3時間でも4時間でも走っていられるかもと錯覚させるほどの
気持ち良さ。ああ、これを毎度感じてるんなら、彼女が走ることを止めないのも
無理はないわ。しょうがないから、とことん付き合っちゃることにする。
そんなわけで、彼女の挑戦は、まだ終わらないのでした。

ところで来年2月には、かなりの競争率をくぐりぬけて、
東京マラソンに出場することになってるそうです。
ホノルルを走った時のコンディションなら、問題なく走破できそうです。
それを記録するしゅんすけも気合が入ってます。

■旅行のこと
しゅんすけのホームページには、2000年からの旅行の記録が残ってて、
もはや旅行に行くことと旅行記を書くことは一体化している感がある。
今年の旅行は、今回で3年連続、そろそろ卒業してもいいんじゃないかって感じの
富士登山と、半分会社の命令で行くことになった那須と2年振りの参加となったチンク祭、
そして今年のメインイベントのハワイ旅行と、貧乏なくせに盛り沢山でした。

富士登山は、今年も富士宮口からのチャレンジになったんだけど、
富士登山卒業を飾るに相応しい天候に恵まれ、富士山頂で裸足で昼寝した開放感が
忘れられない思い出になりました。
今のところ、富士登山は今回で卒業し、来年からはしばらく眠っていたアルプス登山を
再開したいと思ってるんだけど、まだ未踏破の須走口や御殿場口が残ってて、
来年の夏に再び挑戦しないとも言えなくもないのでした。
(いや、さすがに御殿場口はないか)

那須とチンク祭は、チンクによる遠征が連続で到来したんだけど、
今年で4年目のチンクは快調に走り切ってくれました。
(最近ちょっと不調気味だけど)
天候にそれほど恵まれなかったので、ホテルでまったりしただけの感があるんだけど、
連続での小旅行にちょっとココロ踊るのでした。

そして、ハワイ旅行。
旅行と言っても、お気楽旅行の感覚は全くなくて、
ホノルルマラソンのために現地入りして調整してたって感じが強い。
だから、以前のハワイ島の旅行のように海外旅行を満喫した感じがない。
連日のようにツアー企画会社によるマラソンに関するイベントがあり、
せっかくのオアフ島だから、ノースショアの高波やスキューバ体験や
スカイダイビングや実弾射撃などへの期待は、見事実現しなかったのでした。
それでも、真珠湾に行くことができたのは、日本側でしか戦争を知らないしゅんすけが
ひとつの視点を得たという意味で良かったです。

来年はどこか行くかなー。
とりあえず、2年越しのアルプス登山、特に不幸な事故で中止になった白馬岳登山は
実現したいところである。
もしかして、来年の12月に、ホノルルマラソンのスタートを待つしゅんすけの姿が
あったりして・・・。

■音楽のこと
去年から復活した趣味の音楽活動ですが、今年も継続して活動を続けています。
金管バンドの中でも、しゅんすけ的にはウレシいポジションをいただき、
おかげで充実して演奏会などに参加できるのだけど、
如何せん、大人なバンド故にいろいろ問題もあるようで。
それでも、音符を追いかけて、気持ちを込めていくというのは、
得も言われぬ感動ってあるよね。

細かいことを言うと、この間のハワイ旅行でウクレレを購入し、
簡単な曲から練習を始めている。
今までトランペットのような旋律専門の楽器しか触ったことがないので、
ひとつの楽器からいろんな音が出て、和音を奏でられることに単純に感動しています。

■本のこと
今年は通勤時間を利用して、それなりに本を読んだかな。
特に数学の雑学の分野では、リーマン予想や黄金比率(フィボナッチ数列)に手が伸び、
全然分からない世界ながらも、概要は分かったってコトで、意義はあったかな。
また、「フェルマーの最終定理」を著したサイモン・シンの著作で
宇宙論史が読めたことや、「博士の愛した数式」で感動のお話しが読めたのは
とても意義がありました。
そろそろ何かストーリーを読んでみたいね。
そういや、毎年恒例のハリー・ポッター・シリーズは、新刊が出るも、
何となく触手が伸びず、ついに読まずに年の瀬を迎えてしまった。

■絵なぞ
絵を描くことは、最高のヒーリングのひとつ、なんだそうで、
確かにいい絵が描けそうだと、気持ちが盛り上がるし、
絵の具をぴとぴとちまちまやって、絵なぞが下手ながら完成すると気持ちいいしね。
今年はそういう体験があまりなかったのが残念だけど、
今後自由時間が増えれば、そういうこともできるかな。

■7000DaysAniverssary
しゅんすけの人生において、今年という1年が
歳とった時に割とウエイト低く記憶される傾向がある時期に入ったことに
原因を一にするのかもしれないけど、
年齢を重ねるごとに増えていくしゅんすけとさきこのアニバーサリーも
大きなウエイトを占めていない。
これはしゅんすけの意識の問題ではなくて、
一般的にきっとそういう時期なんだろうと思う。

そういうわけで、今年はミレニアム(1000の)・アニバーサリーがあり、
これはおよそ3年に1回の出来事なので、大きく祝ってもいいところなんだけど、
ハワイ旅行の直前だからなのか、なかなか大きなイベントにはできませんでした。
(5000日記念では、ホームページ上にスペシャルページを作ったりして
お祝い気分満点だったんだけどね)

ともかくも、しゅんすけとさきこは新しいミレニアムに踏み出しました。
さて、今度のミレニアムはどんな1000日になるものか。

■2007年に向けて
さて、今年はとにかくストレスフルな会社環境に悩みの尽きない日々でした。
ひとつうまくいくと、他方がうまくいかない。
しゅんすけの不器用さゆえの悩みなんだけど、
もっと気楽に仕事できる世界ってないもんかなーと無茶な思いを馳せる年の瀬なのでした。
仕事なんかもっと楽にこなして、自分に投資できる時間を増やしたいんだけど、
それはまだまだ叶わぬ夢・・・ってか、甘いだけなんだよなー。

そんなわけで、今年を振り返り、来年に希望を抱く話しは終了。
なかなか来年に希望を見出せないまま終了、残念。
posted by しゅんすけ at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。