2006年08月29日

お願い、タイムマシン!

Xデーを超えて、遅ればせながらしゅんすけにも夏が来ました。
夏、というわけで、「サマータイムマシン・ブルース」を観ました。

今時古くさいSFタイムマシンものの映画なので、
上映当時は全然興味がなかったんだけど、
この映画、もともと演劇舞台を映画化したものだそうで、
それもどこかの映画制作会社が、たまたま公演を見に行って、
あまりの面白さにその日のうちに即映画化権を取得したという逸話があり、
また講評なんかでも、使い古されたタイムマシンのパラドックスでは
済まないコメディの面白さ云々と言われ、遅ればせながら興味があったんだよね。
講評には「1回目と2回目では観た時の印象が違う」ともあり、
ま、タイムマシンものは大抵そういうものだと思うけど、
まずは観てみましょう。

・・・う〜ん、どうだろうなー。
確かに本(=筋書き)は面白いよね。
また、舞台の単純な映画化では済まない演出も多くていいよね。
(あー、コレ舞台の方が面白さが生きるわーって映画も一杯あるけど、
この映画については、映画ならではの面白さもあって良い)
でも、なんだろうな、激烈に面白いという感じがしなかった。
2回観ないと話しのツジツマが分からないとか言うけど、
そんなこともなく、ま、2回観た方が分かりがいいかなって感じではあるけど、
もっと難解な映画って他にもあるわけだしって感じ。
こういう映画は嫌いじゃないけど、大好きにもなれなかったかな。
最後のブルースってのが、ちょっとホロ苦いラブストーリーも絡んでいた部分を
指すのかもしれないけど、この辺もちょっと消化不良な感じかな。
いいじゃん、大学で知り合った女の子と結婚して、生まれた子供が同じ大学の
同じサークルに入って、タイムマシンで未来からやってきたってことでもいいじゃん。
そんな予定調和なストーリーを避けたのかもしれないけど、
タイムマシンもの自体が予定調和なんだから、そこだけ妙に現実的にならなくても
いいじゃんって思う。学生時代の恋愛とその後の結婚は別物よという制作者側の
苦い経験が反映しているのか?ま、ブルースではあったけど。

でも、やりたかったことは、まずまずできていたと思うし、
映画としては成功してるんじゃないかな。

それにしても、演劇人の考えることは面白いね。
タイムマシンが目の前にあって、未来に行こうか過去に行こうかってノリの時に、
ちょうど故障して使えなくなった部室のエアコンのリモコンを
壊れる前=昨日に行って持ってこようなんて、このアホっぽさ。
理解を超えた技術の前では、ニンゲンは実は極度に臆病だったり、
行動がアホっぽかったりするんだよな。その辺のリアリティをコミカルに表現しているのが
面白い。これは、完全に着想の勝利だと思う。
そりゃ、1万年前の恐竜の時代にも行きたいかもしれないし、
30年後の自分に会いに行ってみたいけど、実のところ、ニンゲンはそれほどの
大きな時間感覚の中で生きていなくて、せいぜい1、2日間の中で精神を維持できているに
過ぎないと思うわけよね。1週間前にも確かに自分は存在していたけど、
それは今の自分(精神)と繋がっている自分ではなくて、単純に1週間前のもう一人の
自分でしかないというか。そうやって、1週間、1年、10年と別の自分へ脱皮して
時間が過ぎていくのだという思いに至った。
そりゃ、物忘れ世界ランカーなしゅんすけにとっては、とても実感できる考え方だけどね。

・・・と言うわけで、観たかった映画を観ることができて、
ちょっと満足な夏の一日でした。

ちなみに、ビデオを借りにクルマに乗ってたら、しゅんすけの家の裏山を抜ける道で
通行禁止時間帯を思いっきり無視して、見張ってた警官に捕まってしまいました。
あー、こういう時にタイムマシンがあればなー。
お願い!タイムマシン!
posted by しゅんすけ at 23:43| Comment(0) | 映画鑑賞文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

そうか、昨日は7月4日か。

インデペンデンス・デーを観ました。
と言っても、深夜に有線チャンネルで放送していたのを、途中から観ただけなんだけど。
それにしても、あの映画って何年前の映画だろう。

ロードショー時にはそれなりに宣伝していて、テレビCMなんかもよく見たので
気になる映画ではあったんだけど、観てみてビックリ。
全然面白くないじゃん。
襲来した宇宙人に対抗する人類・・・ではなくアメリカ人の戦いを描くんだけど、
なんせ地球に襲来した宇宙人をアメリカ人が退治するって構造が、なんだかね。
(当時の世情を何らかの形で反映してるのか?)
日本の映画会社はホントにコレが日本人にウケると思ってたのかね。
大統領が叫ぶ「これが人類のインデペンデンス・デーだー!!!」・・・寒っ。

宇宙人の造作。これも、なんだかな。
最近の宇宙人のイメージって、なんでこうネバネバしてんだか。
エイリアンなんかもそうじゃない。口をガパッと開けると、
ネバネバした唾液みたいのがでろーんって。・・・なんだかな。

んで、核兵器すら通用しない宇宙人撃退の最後の手段が
コンピュータウイルスなんだけど、どうなのよ、このご都合主義は。
実は何かの含意のある展開なのか?
ここまでB級だと、逆にこのB級ストーリーの中に何らかの意味があるのかと
疑っちゃうよ。(いや、マジでそうなら、もう一度観る価値はある)
科学の進んだ宇宙人の文明が、地球人の作ったコンピュータ・ウイルスで
あっけなく崩壊するなんて、あり得ないだろ。
どうやって感染させんだ?USBか?無線LANか?
コンピュータ・ウイルスのプログラムが意図したロジック通り動くようなシステムなんて
そんな互換性の高いシステムなわけないでしょ。

それになー、なんか「エイリアン」の焼き直し的なシーンもあったしね。
B級以下として結論してもいいかもな。

ホント、時間の無駄でした。
気づくと深夜1時半を過ぎていました。
睡眠時間を返せーって感じです。
もしかして、某トム・クルーズ主演の「宇宙戦争」も同じレベルなのか?
posted by しゅんすけ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

ダヴィンチは左利き

話題の映画「ダヴィンチ・コード」を観ました。
★ネタバレを含むので、まだ観ていない人は、観ない方がいいです。

う〜ん、前評判が芳しくなく、しゅんすけも果たして映画として
成立できてるのかが不安だったけど、総じて面白かった。
なんか知的探求の旅って感じで、エンタテイメント性は低かったけど、
とても楽しめました。
やはり、本を読んでいて想像に頼ってしまう部分をビジュアル化してくれたのは
理解を促進するよね。
それでも、原作ほどの深みはありませんでした。
謎解きに必要なツールが最小限に留められているため、
ああいう構成では、なんでモナリザの絵がポスターに使われているのか、
なぜ「ダヴィンチ」なのかがイマイチ伝わらないと思う。
ひとつひとつが含蓄のあるツールなんだけど、
その場の謎を解く鍵として使い捨てされてて
ツールとツールの点が線にならないのが、浅く感じた理由かな。
なんか残念。
もっとダヴィンチの絵に対する衝撃の解釈の数々を見せてくれると
ストーリーの脇に散りばめられた小さなエピソードが、徐々にひとつの流れに
向かってリアリティを増しながら流れていく様子が分かって面白かったかもしれない。って、そこまでやってたら、3時間じゃ終わらないんだろうけどね。

原作を読了後に感じた「映画化して余計分かりにくくなるのでは」という問題は
余計なウンチクを排除して、ストーリーを進めるための最小限のツールに
絞ったために、解消されてて、分かりにくいということはなかったな。
初めて観た人は、やっぱり分かりづらいかもな。
だから、もう一度原作を読み直したい気にはなったかな。

なんかドキュメンタリーを観てるような気になっちゃったよ。
posted by しゅんすけ at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画鑑賞文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ナルニア国物語

ナルニア国物語〜第一章・ライオンと魔女を観てきました。
★内容に触れる部分もあるので、まだ観てない人は読まない方がいいかも、です。

正月から楽しみにしていた映画だけに、かなり気合を入れて、
朝から映画館に入りました。
いや、予想通り、かなり面白い作品でした。
原作を読んでいたしゅんすけも読んでないさきこも充分楽しめる内容。
原作読了の時は、やれテーマがないだの、ストーリー構成が単調だのと散々書きましたが、
これが逆に功を奏していて、とても分かりやすい内容になってました。
※映画にいろいろ詰め込むのは、よほど難しいことのようだね。
ハリー・ポッターなんか、原作で書いてあることの半分も映画で再現できてないし。
そういう意味では、スターウォーズのような分かりやすさはいいよね。

この分かりやすさが、単純に感動させてくれるんだよな。
細かいこと気にしないで、素直に感動できるというかね。
「ロード・オブ・ザ・リング」とは対極にある明るさもいい。
ナルニア国物語でも対立する勢力が戦争するんだけど、「ロード〜」に較べて暗さがない。
いや、「ロード〜」の暗さは、一貫したテーマに繋がってるので否定はしないにしても、
観てる方もなんか重圧を背負ってる気になっちゃうんだけど、
ナルニア国物語ではそういうことがない。
死が前面に出てきてないからかもね。
魔女の手にかかる者はみな石になっちゃうけど、結局創造主アスランによって蘇るから、
死に対する感覚がちょっと弱くなってるんだよね。
子供向けのお話しなので、丁度いい感覚だけど、これがストーリー全体に流れる明るさに
繋がっているのかもしれない。
世界観がしっかりしているのは、さすがファンタジーの国イギリス、といったところか。
ナルニア国物語の作者C.S.ルイスが、「指輪物語」のトールキンと同じ大学の
教授で親交もあったことを思うに、
「指輪物語」では善玉組のドワーフがナルニアでは悪玉組なのは、面白いね。
もしかしたら、ナルニアも中つ国と繋がっているのかもしれないと、
勝手に想像力たくましくしたりして。
※幕末と同時代のアメリカ南北戦争に、坂本竜馬が飛び込んで、
名言「風と共に去るぜよ」と言わしめた某小説のような想像力の水平展開が
新たなファンタジーを生むのだ。

それにしても、しゅんすけも歳を取った。
涙腺が弱ってきてるとは思ってたけど、泣かせる映画ではないにも拘わらず、
涙がぽろぽろ出てくるのには困った。
アスランが神々しくも現れた時には、どどっと来たね。花粉症が発症したかと思った。
アスランって、ただのライオンのくせに、この神々しさはなんだ?
※アスランの神々しさにアヤカリたくて、
関連グッズコーナーにアスランのぬいぐるみとか売ってないかなーと探してみたけど、
そんな商品はなかった。
製作者側の立場では、動物園で売っているただのライオンのぬいぐるみと
差がないぬいぐるみをアスランと称して売ることに逡巡したんだろうけど、
しゅんすけにとってはそんな物欲を刺激されるほど、
ただのライオンのくせにアスランはカッコいいのだ。

ナルニア国物語は全部で7章。
あと6章も残ってるわけで、ハリー・ポッターがあと3つしか映画にならないことを
思うにつけ、楽しみが続くのがうれしいですね。
まだ、続刊を読んでないので、それも楽しみだね。

posted by しゅんすけ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

「雲の向こう、約束の場所」

体調が復活していないので、さきこをジムに送ってから
ツタヤでなんかビデオでもないかなーって探してると、
別に狙ってたわけじゃないけど、アニメコーナーへ。
う〜ん、なんか何にも考えなくて済みそうな軽い映画でも
観たかったんだけど、ふと手にしたビデオを
何気に借りてみてみる。

「雲の向こう、約束の場所」
最近のアニメは、いろいろと手が込んでて、
一昔前のアニメ時代のしゅんすけには、
高尚過ぎてよう分からんものも多いわけなんだけどね。

このアニメはなかなか分かりやすかったかな。
動きも悪くなかったし、世界観もしっかりしてて、
CG的な透過光の描写が鼻についたけど、好きだね、こういうアニメ。
ストーリー的には、昔々の「オネアミスの翼」を彷彿とさせる感じで
仮想日本の風景が新鮮で良かった。
(でも、どこまでも続いくような草原に打ち捨てられた廃駅の構図は
青森というよりも北海道だよな。最初、どこの話か分からなかった)
仮想日本の話しは最近流行りのようで、某マンガも北海道を舞台にして
戦争に飲み込まれる展開を、他人事のような客観的視点で捉えたのがあったな。
あのマンガは、北海道弁を多用してて、それが日常と非日常・戦争の対比を
明確にしてたように思うけど、今回のアニメでは、青森の中学生の話しのくせに
全然ズーズー弁でないのが、リアリティを阻害してるように感じた。
いや、あんなキレイな景色でズーズー弁とかありえないけど、
そう考えれば、別に青森の話しでなくても、あの「塔」が北海道になくても
全然構わないことになっちゃうわけで、
考えてみれば、叙情的シーンのツギハギのような感じもしなくなく、
ストーリーとしては面白かったけど、
一体アレはなんだったの?とのツッコみも禁じえない部分もある。
調和とミスマッチを融合したような特殊な叙情的風景と、
少年の夢(おいおい)のベクトルだけがあって、観客はいつもスタート地点と
向かうべき方角だけ提示されて、実際その方向へは一歩も進めず、
クライマックスでやっとベクトルの差す方角へ踏み出せば、
そこには何の説明もない結果だけがあり、さらにその先へ無理やり引っ張られて、
結末にはやっぱり叙情的風景に戻るという、なんだかなな展開ではあった。
例えて言うと、イタリアの山奥まで決死の覚悟でボルシチを探しに行く探険家の
苦悩や喜びを描き、台所でいざ調理となったら、物凄い早送りで調理が展開し、
物凄い勢いで食べ終わり、最後にボルシチを食べ終わり満足げな探険家の姿。
どんな料理だったのか、美味かったのかなんてお構いなしで、
スタートと結果だけが提示されるという変な話し。(変な例えだ)

でも、若い頃ってさ、そういう停滞と躍進みたいな理屈じゃない成長みたいのって
分かりにくいようで分かるような感じがするんだよね。
しゅんすけの読み取りの悪さなのか、物凄く微妙な心理の展開を描いているような。
一種文学的と言ったら、言い過ぎかな。
だから、話しとしては不完全でもなぜか共感してしまうしゅんすけなのでした。
有無を言わさず、共感をもぎ取るような映画ってのも、面白いよね。

話しの展開の仕方は、しゅんすけが余り経験したことのないものだったので、
かなり新鮮でした。いや、新鮮なだけで満足してるのかもな。

でも、いいや、気持ち良かったから。
いや、若いゆえの根拠のない期待感っていうか・・・若いって・・・イイネ。
posted by しゅんすけ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

キル・ビルを観た。

昼過ぎくらいから降り出した雨が大雨になっちゃいました。
歯医者に行った時に、傘持ってなかったので、かなりズブ濡れになっちゃいました。
ジム帰りのさきこを拾うついでに、映画でも借りてきて観ようということになり、
なーんも考えずに見れる映画ってことで、「キル・ビル」を
借りてきて観てみた。

あ・・・、やっぱ止めておけば良かった。
上映時から話題になってたので気になってはいたんだけど
何の予備知識もなく観たもんだから、意外な展開に唖然とするばかり。
映像的には、いろんな映画のパロディだったり、オマージュだったり
どうも日本のトラディショナルなヤクザ映画から
いろいろ引っ張ってきてるようで、分かる人には分かるネタがテンコ盛りらしいのですが、
キツいブラックユーモアを善しとしないしゅんすけにとっては、楽しめる映画ではなかったな。
ヤクザ映画なんか、まったく観ないあおき家には「???」でした。
正直、冷めちゃったというか引いちゃった。

もうキル・ビルのシリーズは観ないということを勉強させてもらったってことだね。
posted by しゅんすけ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

味のある夕陽と映画

3連休中日の今日は、昼過ぎまで悶々としてましたが、
思い立って海に行くことにしました。
寒いとは言え、昼間の海はいいね。

正月休みも終わった休日なので、さすがに鎌倉までの道が混んでるとは
思ってなくて、いつも夕方まで大渋滞になる朝比奈からのアプローチを
今日は敢えて攻めてみた。
環状4号から朝比奈峠の上り坂になった途端にクルマの長蛇の列にハマってしまい、
1時間くらい抜け出せなかった。
鎌倉への道は、どれも渋滞だったみたい。
遅ればせの初詣か?
途中から逗子へ抜ける道路に入って、何とか渋滞から抜け出した。
16時ちょっと前。
夕陽には間に合ったかな。
雲ひとつない空に太陽が沈んでいくのも、キレイだけど、
雲が微妙な味わいを出す今日のような夕陽もいいね。
SN320044.jpg

帰宅後に正月休みに観ようと思い借りてきてそのままになっちゃったDVDを観た。
「ニュー・シネマ・パラダイス」
いや、いい映画でした。
どこが?と聞かれるとちょっと困るけど、多分観終わった後の何となくいい気分が
観慣れたハリウッド映画の分かりやすさと断然違う部分なんだろうな。
こういう雰囲気の映画っていいね。
人生、映画のように簡単にはいかないんだよってことだね。
数々の台詞や小道具が、時間を越えてちゃんと役として立っているのが
面白いし、それが、いろんな解釈を与えてくれるような感じでした。
う〜ん、こういう映画がいい映画というヤツでしょうか。
しゅんすけとしては、一昔前の日本映画に通じる雰囲気を持ってると思った。
いろいろあった自分の人生、熱い時代もあったけど、今は今を淡々と生きていて
かつて人生を決定付けるような事件の歯車は、実はちょっとの齟齬でしかなくて、
それが今ハッキリ分かったけど、だからと言って、今ではもうどうしようもないこと。
もうあの頃には戻れないけど、
ただ、最後にお預けにしていたラブシーンを全部一遍に観せてあげよう。
人生、アモーレばかりじゃ、ツマラナイじゃないの。

※映画の題名は知りつつも、観たことがなかったんだけど、
吹奏楽の楽団で演奏したことがある。
叙情的ないい楽曲だったな。
最近、某生命保険のCMに流れてるけど、好きな曲です。
でも、映画では、吹奏楽の楽曲で後半盛り上がるフレーズが一回も出てこなかった。
あれはアレンジだったのか?
ちなみに、イタリア映画なのに、チンクェチェントが一度しか出てこなくて残念。
(ちょっと期待して、クルマの出るシーンは、画面に映るクルマを全部チェックしてたのにな)
posted by しゅんすけ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画鑑賞文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。